2007年05月31日

考える日々

ライムキーをオープンさせて今月で7ヶ月を迎える、、、


最初は前職の人がお客となり、店を支えてくれた

今はmixiの宣伝等のお陰もあり、色んな人々が、
この店を支えてくれている


感謝の気持ちで心に目がしみる


しかし自分が描く理想とは逆に苦悩なる日々を送って
いる

道楽で店をする分には良いが、この店を糧に生活を
送るとなると現状は厳しい一言に尽きない


弱音を吐いている自分が嫌いだ、、、


本田技研工業株式会社を立ち上げ、今や世界の自動車
産業となった人物である『本田宗一郎』はこう述べている。


・大事なのは新しい大きな仕事の成功のカゲには研究と努力の
過程に99パーセントの失敗が積み重ねられていることです。

・私がやった仕事で本当に成功したものは全体のわずか1%に
すぎないということも言っておきたい。99%は失敗の連続であ
った。

そしてその実を結んだ1%の成功が現在の私である。

・人を動かすことのできる人は他人の気持ちになれる人である。
そのかわり他人の気持ちになれる人というのは自分が悩む。

自分が悩んだことのない人はまず人を動かすことはできない。

・チャレンジして失敗することを恐れるよりも何もしないことを
恐れろ。

・人間が進歩するためにはまず第一歩を踏み出すことである。

・人間、生をうけた以上どうせ死ぬのだからやりたいことをやって
ざっくばらんに生き、しかるのち、諸々の欲に執着せずに枯れ、そ
して死んでいくべき、という考え方。

・長い目で見れば人生にはムダがない。

・開拓者精神によって自ら新しい世界に挑み、失敗、反省、勇気と
いう3つの道具を繰り返して使うことによってのみ、最後の成功と
いう結果に達することが出来ると私は信じています。

・伸びる時には必ず抵抗がある。

・何かを深く信じれば誰でも自分の中に大きな力を見つけだし自分
を乗り越えることができる。

・身のまわりにいくらでも転がっている幸福から自分のものを選び
出し、それを最高のものに高めることだね。

・新しい発想を得ようと思うならまず誰かに話を聞け。

・時間だけは神様が平等に与えて下さった。これをいかに有効に使う
かはその人の才覚であって、うまく利用した人がこの世の中の成功者
なんだ。

・人間に必要なのは困ることだ。絶対絶命に追い込まれたときに出る
力が本当の力です。


まさに本田宗一郎が述べている一言一言が胸に刺さるおもいである、、、




今夜も夜ふけるネオン街で、いかに成功者となれるか考える。


posted by MASTER CAY at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43392677

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。