2007年01月13日

枯葉

昨日は本田竹広氏の命日でした。

多分、本田氏も聴いていたであろうアルバム
を紹介するとともに合掌と致します。

ジャズ、特にブルーノート・レコードにおいて
定番中の定番である「SOMETHIN ELSE」を紹介♪

やはりタイトルにもなっているマイルスのオリジ
曲も大事であるが、僕がこのアルバムで一番好き
な曲はA面の1曲目である枯葉である。

(このアルバムはアダレイがリーダーであるが、
マイルスを強く押し出す作品でもある)

コメントなんて今さら必要もないのだが、とりあえず
と致し、書きます。

この曲は1954年にジャック・プレヴェ−ルと
ジョセフ・コマスの二人での合作で、第2時大戦後の
時代にヒットしたシャンソン曲である。

もっか光るのはマイルスのソロで圧倒されるくらい
鳥肌がたつ曲だ♪
しかし、リーダーでもあるアダレイのしびれるアルト
さばきも抜群だし、ブレイキーのソフトなドラム演奏
も、ハンクのピアノ、ベースのサムも、、、

このメンバーでしか出せない音色だったからこその
1曲だ♪

歴史に残る素晴らしい曲であり、僕は3度の飯より、
枯葉で「心もお腹も」満腹するのである!

何故、こう何度、聴いても飽きないのかが、不思議で
首をかしげる、、、

やはり僕が幼い時より、親父の側で聴いていたからなのか!?
どこか心やすらぐアルバム。


それはともかくとして、哀愁漂い、又、酒にあう曲である。
こいつを聴きながらバーボンと煙草に洒落こもうじゃないか、、、


ST81595...BLUE NOTE RECORDS

「SOMETHIN ELSE...JULIAN CANNONBALL ADDERLEY」

1.AUTUMN LEAVES
2.LOVE FOR SALE
3.SOMETHIN ELSE
4.ONE FOR DADDY-O
5.DANCING IN THE DARK

PLAYER

MILES DAVIS...TRUMPET
CANNONBALL ADDERLEY...ALTO SAX
HANK JONES...PIANO
SAM JONES...BASS
ART BLAKEY...DRUMS


1958年...録音



6GPsh0001.jpg
posted by MASTER CAY at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31313806

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。