2007年01月30日

TRUDY PITTS♪

女性オルガン奏者『TRUDY PITTS』を切る!

と、言っても彼女の何を知ってるんだ的、情報の無さに
切れない僕であります。

この作品は彼女の初?アルバムかと思うのですが、間違って
いたら平謝り致しますm(_ _)m

彼女(TRUDY)はクラシック音楽をテンプル大学にて専攻し、
ニューヨークのジュリアード音楽院で音楽の何たるかを学ぶ。

その後、BILL CARNYバンドに在籍がきかっけとなり、ジャズ
の世界へと突入♪

これくらいしか分かりません(汗

まぁ〜てっとりばやくは聴いてみて自分の感想を述べますと、

えぇ〜やん、このアルバム♪って感じですね(笑

これを聴いてまず思った事は非常に耳に馴染む、そんな音と
やはり何と言ってもTRUDYのオルガンの音色が素晴らしい!!!

特にA面に録音されている『TAKE FIVE』に感動した(小泉風=死後?)

僕はオルガンには目がない者ですので、皆さんが、これを実際に
聴いてみて、お気に召すかどうか分かりませんが、ここはまず

聴いてみてよ、これって!お勧めします♪


今も現役バリバリで音楽活動されています。来日しないかな???


PR7523...PRESTIGE RECORDS

「INTRODUCING THE FABULOUS / TRUDY PITTS」

1.STEPPIN IN MINOR
2.THE SPANISH FLEA
3.MUSIC TO WATCH GIRLS BY
4.SOMETHING WONDERFUL
5.TAKE FIVE
6.IT WAS A VERY GOOD YEAR
7.SIETE
8.NIGHT SONG
9.FIDDLIN
10.MATCHMAKER

PLAYER

TRUDY PITTS...ORGAN & VOCAL
PAT MARTINO...GUITAR
BILL CARNEY...DRUMS
ABDU JOHNSON...CONGA


1967年...録音


MO9sh0006.jpg
posted by MASTER CAY at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。