2006年12月31日

賀正、前夜

明日で1年が経つ、、、

時間の経過は早いと感じてしまう。それだけ自分が時間に
仕事に追われている証拠なのか!?

いや、違う、寝すぎなのである、笑。

笑えまして、皆様!?笑いをとったところで、子供の頃は
正月がくるのが待ち遠しいでしたね。

だって「お年玉」がもらえるのですから!

昔は親戚が近所の事もあり、沢山のお年玉、まぁ〜お金を
頂くことができました。

正月そうそう、玩具屋へ行き、自分の好きな玩具を買った
ものだ。でも、今はもう大人になり、逆にお年玉をあげる
立場へとなり、今年もお財布から札が飛んで行く、、、、

さようなら「ゆきち様」


話は変わり、、、


今年は自分にとっては色々な出来事がありました。

3年前にバーを始めようと心に決め、今年にその前進とも
ゆえるBar Lime cayを始動。今はまだ中途半端で自分では
納得ゆかないバーではあるが、こんな中途半端なバーにも
一人、二人とお客様が増えてきております。

僕は接客と言う営業がすごく苦手ではあるが、そんな事も
おかまいなしにこのバーを愛してくれるお客様、、、

本当に感謝し、有難うの言葉を伝えたいです。


僕の夢の続きはまだあります、、、


それを叶えるには皆様の熱い心とお力が必要です。

今後も、これからさきも、僕がくたくたになるまで、どうぞ
おつき合いの程、宜しくお願い申し上げます。



皆様それでは「良いお年を」

posted by MASTER CAY at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

昨日、仕事帰りの電車の中で、窓を眺めて
いたら「雪」が空から降ってきました。

初雪です、、、

目で見るぶんにはただ白くふわっとしたものが
見えるだけだが、顕微鏡でみると一つ一つの形
が異なる。

雪にも個性があるだ。

それは一瞬な出来事で終わってしまう雪の個性。

地面に到達すれば溶けてなくなる雪の粒

降り積もり、溶けずに生き延び得る雪の粒

地面に到達して溶けなかった雪が何故、生きら
れるのか!?

溶けて無くなった雪のお陰で地面が冷やされ
凍りつき、土台をつくり、熱を帯びた地面が
冷えるせいかもしれない、、、

溶けていく雪が、溶けない雪を大切に守る。

厚く降りつもり、白銀の美しく、そして優しい
風景がつくり上がる。

溶ける雪も、溶けない雪も同じ雪で、お互いの
役割があるから成立するのか!?

時には溶けてしまう雪が溶けない雪を助ける
事ができなく、互いが溶けてしまう事だって
ある。

でも雪神さまという器のある大雪が小さな雪を
守ってくれる。

見捨てることなく、、、
posted by MASTER CAY at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

サックスランプ

仕事を終え、自宅に着き、私の日課と言うか
テレビのチャンネルをフジテレビにあわせ見
てしまう「めざましテレビ」。

朝6時59分頃から始まる星座占いを
チェックする。

ここ最近、自分の星座の順位がいまいちで
毎度、最下位!?

今日のラッキーアイテムとして運勢を上げる
には?

ジャズ♪

と記されていて、何故か笑えた。毎夜、
ジャズ三昧だからである!

とは言ってもジャズかぁ〜と考えたあげく
この前、東急ハンズで見た例の物を買おう
と決めた!

写真を見たらおわかりかと思います。

サックスのランプである♪

光をつけると反射して写真がぼけるので
消したものを載せたが、つけるとそれは
妖艶な光りをはなち「エロ」く、そして
見てたら落ち着く、、、

結構、お高い買い物でしたが、店に飾る
には最高のランプだと思いました♪

これで僕の運勢があがるんであれば
安い買い物かな!?

おこずかい、無くなっちゃった、涙。



0AIsh0001.jpg
posted by MASTER CAY at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

31日、カウントダウン

皆様、今年も残りわずかとなりましたね!

1年が本当に経つのが早いです。
貧乏暇なしと申しますか、汗汗汗

独り言はおいといて、、、

ライムキーから今年、最後のパーティー!?

年越しと致しまして、ささやかながら
私のバーにて年越しの パーティーを
しようかと思います。

とは言っても普段と変わらず、音楽と
お酒を楽しんで頂くくらいな簡単なもの
なんですが、、、これで良いでしょうか???

普通すぎますよね、汗。

とりあえず、日本の風習なんぞ年越しソバ、
年越しうどんくらい 御用意させて頂きます。

ソバ、うどん、だけかい!なんてツ込み
入れないで下さいね。食べたいものあれば
持参して下さい!(うちはバーなんで)

スイマセン、文句多い店主で、、、

年越しを向かえ、皆様とわいわい初もうで
ツアーなど行きましょうや!


ジャズ聴いて、酒呑んで、わいわいして

初もうで!!!


参加自由なんで

ふらりお店に起こし下さいm(_ _)m


追伸
当日の営業時間
pm6:00〜am3:00で閉めさせて
頂きます。
posted by MASTER CAY at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

別れ、、、

25日、早朝に18年間、連れ添った愛猫が
天に召されました。

24日のクリスマスイブのパーティーを
終え、自宅に戻り、クリスマス恒例の番組
である「あかしやサンタ」を我が輩の猫と
のんびり見ていた。

ここ一ヶ月ほど、彼(猫)の身体の調子が悪く、
そろそろ病院へ連れて行こうと考えていた
やさきの出来事でした。

僕の腕の中で彼(猫)はすやすや眠るように
天に召された。

僕は子供のように泣きじゃくった、、、

18年間、この子と共に歩んで来た記憶が
走馬灯のように記憶がよみがえる。

最初、この子との出会いは知り合いの米屋の
人の家で子猫が生まれたからもらってくれない
かとの知らせからで、当時、何もペットを飼って
いなかったから喜んでこの子をもらい受けました。

八月の猛暑の昼間、ちいさい子猫を自転車のカゴに
入れて自宅に持って帰った。

小さな身体であちらこちらにオシッコをまき
散らし困らせた記憶、、、

当時、姉とどっちが一緒に夜、だっこして寝るか
の喧嘩、、、

僕が仕事、恋愛に悩む時には必ず何時も僕の
隣に、まるで慰めてくれるかのように愛くる
しい表情で支えてくれた。

記憶がよみがえるたびに、僕は彼を抱き、聖夜の
夜に大泣きした。

きっとクリスマスが訪れる度に
君の事を思い出す事でしょう。


本当にお疲れ様、、、


愛猫(みゅう)18年2ヶ月、、、天命
posted by MASTER CAY at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

音楽な人々

皆様、こんばんは。

今年も後のこり少ない日数ですね。

1年経つのが早いです!?(歳はまだ若いつもり、、、)

このバーもオープンして2ヶ月が経とうとしています。

未だ2ヶ月なんですが、、、

お客様にも恵まれ、音楽好きな人、お酒好きな人、様々では
ありますが、多くの人達ともバーのお陰で巡り会える事が出来、
大変、嬉しく、そして有難うと思う気持ちでいっぱいです。

この近代社会において多くの欲望を満たす様々な
遊び場所がありながら、僕は流行りもしないジャズバーを
オープンさせました。

町には欲望そそられるお店がひしめきあっています。

それにも関わらず、あても無く、私のバーを探して、そして
また来て下さる。

儲けをあげようと考えたら正直、ジャズバーなんて流行らない
でしょう、今どき。。。

でも苦悩しつつ、このバーを今後も続け、この町にこんな
ジャズバーがあるんだよと、記憶に残せたらと思います。


今年も残りわずか、今年を頑張り、来年も再来年も自分が
納得するまで、、、
posted by MASTER CAY at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

皆が本田を追悼する

僕がまだ物心もつかず「よちよち」歩きをしてる時代に
すでに彼はジャズの前線で活躍していた。

僕はジャズ歴が浅いから彼=本田の生きざまやジャズを
どのようにリスナーに伝えようとしていたかは正直、分
からないのが現状である。

彼が歩んだジャズの道、、、

苦悩し、色んなBEATにもトライしただろう。そこで彼が
作り上げた自分のスタイルは死ぬ直前まで磨いていたに
違い無い。

まだこの世に生きていれば彼は常に前線に立ち大いに
進化し続けたと思う。

僕の親父も空高くある天国のライブステージで本田の演奏
するステージの側にいてるだろう、いちファンだったから♪

僕が思うに、本田のような音をだすようなピアニストが今後、
日本で出現するのだろうか!?

でも、、、

本田イズムを受け継ぐ奏者は必ずいてるはずだ!


本田の音楽を聴き、真似、そして受け継ぐ。


追伸
彼をたたえ、前代未聞である音楽会社9社による
追悼キャンペーンがおこなわれる。

新譜から旧譜、そして発掘音源まで♪

僕も貴方の音源を探して耳で聴き、そして貴方の
思想と言える「ジャズの道」を少しばかり教えて
頂きます。

僕はピアノマンでは無いけれど、、、


本田 竹広
2006年1月12日、天命

honda.jpg
posted by MASTER CAY at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

外して戻して

今日、お客様に「パズル」を頂戴した。


なんですか、これ?


母国語で言えば「知恵の輪」です、ニヤリ。


ふう〜ん


じゃぁ〜外しましょうかとチャレンジ!


5分、10分、30分、1時間、2時間
現在、奮闘中、、、


まるで俺の人生のように複雑で困難な
パズルだ!?

ただのナットなのに、こいつはやっかいな
ナットだ、、、

普通のボルトにナットをはめる簡単な
ものであれば良いが、外せない、戻せも
できない、、、

人生もただ普通にはめ込んだ生活なんて
送りたくないぜ、どうせ生きるなら複雑な
ボルトにナットを外したいぜ、、、

そして戻してやる!


待ってろよ、必ず成し遂げてやる。

TCQsh0010.jpg
posted by MASTER CAY at 00:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

待ってるよ

何気ない毎日に何時もジャズがつきまとう

この錆びれた店に何時もジャズが
こだまする

夜空は見えないが、空高く鳴り響く

DOWN BEAT

この匂いをかぎつけて欲しい

何気ないジャズの音色を、、、


かすかな音色を辿って


何気ない毎日に何時もジャズがつきまとう

ネオンで光った錆びれた町に
こだまする

星空は悲し気だが、空高く鳴り響く

DOWN BEAT

この匂いをかぎつけて欲しい

何気ないジャズの音色を、、、


かすかな音色を辿って


明日も明後日も永遠に鳴り響く


DOWN BEATに
posted by MASTER CAY at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

雨続き

ここ二、三日、降ったりやんだりな不安定なお天気。

おまけに底冷えな冷え方だから、異様に寒い。

冬は何かとお洒落なイメージがあり、洋服も色んな
着こなしが出来るから季節は好きだけど、こう寒さ
が増すとやっかいですね、ほんと。

話はかわり、、、

この前、客の一人で兄ちゃん「熱燗」ないの?

と、聞かれたから「無いです」と答えたら不機嫌
になっていた。

しょっぱなから「礼儀」をしらない中高年
おやじに俺は、、、

見渡したら分かる通り、うちはジャズBARなんで
熱燗呑みたかったら居酒屋へ行くべきだと言って
やった。

少し自分がおこなった行為に反省したのか
すいませんと会釈しその場を後にした。

確かに、、、

冬だし、寒いからお客様の冷えた身体には熱燗も
してあげないととは思うが、最低限なマナーや
礼儀もしらない人間に「こびを売る」必要は無い
と思った瞬間だった。

でもまぁ〜

熱燗、考えるよ!?


♪音楽のお話♪


BLUE NOTE BST84295

RUBEN WILSON

「LOVE BUG」

1.HOT ROD
2.I'M GONNA MAKE YOU LOVE ME
3.I SAY A LITTLE PRAYER
4.LOVE BUG
5.STORMY
6.BACK OUT

LEE MORGAN...TRUMPET
GEORGE COLEMAN...TENOR SAX
GRANT GREEN...GUITAR
REUBEN WILSON...ORGAN
LEO MORRIS...DRUMS

3/21/69録音



奏者の名前を見ると「大御所」の名がづらり
つらなっている。曲の内容はグルーヴィーで
聴きづらい癖も無く、お洒落で今風な感じ♪

MORRISのドラムは中々、パンチのある叩き方に
加え、ソロに入るGRANTのギターには鳥肌を感じる。
その次はMORGANのペットさばきに感動を覚えた!

でもここでの主役はREUBEN WILSONであり、この
人のオルガンは最高です!

もちろん、他のメンツも優れてるのは明確であり、
そのお陰で良い音楽に仕上がったのは言う間でも
無い事だ♪


何度、聴いても飽きのこないそんな一枚である。

TCPsh0007.jpg
posted by MASTER CAY at 03:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

SOUL/BARBRA LONG

イナタイ・ジャケットだが、音楽の内容はピカイチである!

バーバラロングは1932年にシカゴで生まれ、12才で音楽学校にて
ピアノを専攻する。学生時分に他の楽器もしていたとされるが、、、

高校へ入学してからはジャズバンドで歌も始めたのもあり、今が
あるのだろう。

一時、音楽から遠のき医者になる道に進もうかと考えたのもあるが、
やはりそこは彼女が「音楽」に病的な執着があるのだろ、楽人になる
決心をしたのでしょう。

黒人である彼女の歌声はハスキーかつ、優しく、清らかな声♪

目をつぶると白人歌手のような気もする。それは彼女の歌のセンスで
あり、それが魅力なのでしょうか!?

とにかく聴けばストレートに彼女の良さが伝わる一枚である。


SAVOY...MG 12161...(1961年1月録音)

「SOUL」

1.TROLLEY SONG
2.GEE BABY
3.LARGO TO OSCAR
4.WHEN YOU ARE SMILING
5.CALL ME DARLING
6.WHERE IS LONESOME
7.GREEN DOLPHIN STREET
8.YOU DONT KNOW WHAT LOVE
9.SERENADE
10.SQUEEZE
11.SWAN LAKE
12.IT'S HEAVEN

BARBRA LONG...VOCAL
BILLY HOWELL...TRUMPET
NAT PHIPPS...PIANO
GEORGE TUCKER...BASS
AL HARE WOOD...DRUMS
BOOKER ERVIN...TENOR SAX


♪レコードライナー...星野秋男氏(参照)

TCOsh0006.jpg
posted by MASTER CAY at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

THAT CERTAIN FEELING

英語力のなさに呆れる自分です、、、

ライナーを訳してコメントしたいのですが、理解が
できない、馬鹿すぎてバーボン片手に今夜も酔いどれ店主。

この女性「美人」すぎて思わずドキッとするくらい
見とれちゃいます。

ジャケもそうですが、曲の内容も私的に好みな音です♪

最近、オルガンの音色につい引かれちゃいますね、何故だろう!?

あぁ〜全然、何を伝えたいのか、、、

良いものは「良い」でええんかな?(大阪弁)

えぇ〜かっこするのはやめときますW


BLUE NOTE LABEL...BST84281

「THAT CERTAIN FEELING]

1.STRING BEAN
2.I WANT TO GO HOME
3.EARLY A.M.
4.DIATY FINGERS
5.MINOR SWING
6.DADDY JAMES

JUNIOR COOK...TENOR SAX
JIMMY PONDER...GUITAR
JOHN PATTON...ORGAN
CLIFFORD JARVIS...DRUMS

TCMsh0004.jpg
posted by MASTER CAY at 01:03| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

酔っぱらい

酔ってます。

酔いながら日記を、、、

久々に聴いた一枚を紹介したいと思いますが、くだらない
コメントは避けまして、と言うよりメンドクサイのが現状。

最初、ジャケを見た瞬間、男って思い込んでしまったので
すが、実は女性でした。(失礼しました)

1973年のカリフォルニアにて録音♪

グルーヴ感たっぷりな一枚です。

ライナーを訳そうかなって思いましたが、酔いつぶれてます。

とりあえず御縁があれば聴いてみて下さい!

渋いです♪

「BLACKS AND BLUES」

1.CHICAGO DAMN
2.HARLEM RIVER DRIVE
3.JUST A LOVE CHILD
4.BLACKS AND BLUES
5.JASPER COUNTRY MAN
6.BABY'S GONE

BOBBI HUMPHREY...FLUTE奏者にてVOCAL♪
以下、省略、、、(すいません)

TCKsh0003.jpg
posted by MASTER CAY at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

Sassyさま

今夜、御紹介するのはSassyこと

「サラ・ヴォーン」

ちなみにSassyと言うニックネームはトランペット奏者の
ジョージ・トレッドウェル(夫)が名付け親。

彼女は1924年に大工仕事をしていた父と洗濯業をしていた
母のもとに生まれた。

生活環境は貧しく貧粗な生活をしていたが、彼女の家庭に
は音楽という環境があったおかげで今に至ったとされる。

8歳の頃よりオルガンとピアノを習い、教会に行っては
演奏し、そして歌を披露していたとされる。

彼女に脚光がきたのは19歳の頃で、当時、ハーレムの
アポロ劇場の「のど自慢大会」で優勝したのがきっかけで
この道に入る事を決心したのが動機だとされる。

彼女は歌手としての才能はあったが、外見が悪く、彼女自身
もそれにコンプレックスを感じていた。

あるコンサートにて事件はおこった、、、

一人の観客が彼女にトマトを投げ、それが頭にあたり、
着ていたドレスもトマトで汚れ、彼女はステージ上で
泣いたまま、歌えなかったと言う事件だ。

この事件の後に夫であるトレッドウェルは8000ドルを
費やし、彼女の顔を整形させたのは有名な話らしい。

この整形のお陰もあり、彼女はみちがえるほど美しく、
そしてイメージが変わった。

メディアでは夫の功績であると表したが、その直後、円満
な家庭は崩壊し、夫であるトレッドウェルと離婚。

その後、タクシー会社のC.B.アトキンズと再婚、、、

新聞記者に彼女はこう述べている。

私が成功し、スターになれたのは元旦那の功績ではなく、
今の主人であると、、、

私が思うにだれしも嫌いになった人を美化しようとは
考えないのがあたりまえである。

今回、紹介した彼女の最高傑作のアルバムは1954年に
ニューヨークにて録音。

私がこのアルバムで好きな曲は、、、

ララバイ・オブ・バードランドである♪

この曲はバードランドの52丁目にあるジャズクラブで
ジャズ.コーナー・オブ・ザワールドという異名で知ら
れている場所で、作曲はジョージ・シアリングである。


1.Lullaby of Birdland
2.April in Paris
3.He's my guy
4.Jim
5.You're not the kind
6.Embraceable you
7.I'm glad there is you
8.September song
9.It's crazy

サラヴォーン...ヴォーカル
クリフォードブラウン...トランペット
ハービーマン...フルート
ポールクイニシエット...テナーサックス
ジミージョーンズ...ピアノ
ジョーベンジャミン...ベース
ロイヘインズ...ドラム



このアルバム解説は油井氏であり、コメントを参照しています。


TCIsh0002.jpg
posted by MASTER CAY at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

いとしのRAY♪

こんばんは、今夜は自分の好きなアーティストを
一人、紹介したいと思います。

私がこの人を知る事になったのが小学生を卒業し、
中学に入るまえくらいでしょうか!?

父の影響もあって様々な音楽を耳にしてきた訳で
すが、私がちょうど12歳くらいによく聴いてい
たのが、ビートルズや、ストーンズといった音楽
でいわゆる、ロック!?なやつとでも申しておき
ましょう。

休日の休みに父の知り合いのレコード屋に行き、
そこで初めてそのアーティストを目にしました。

彼の名は「レイ・チャールズ」、、、

私は彼の歌を、メロディーを聴いた瞬間、鳥肌が
たったのを今でも覚えています。

力強く、人々に訴える♪

一瞬で私は彼の虜になりました。

彼もまた今に行き着く迄に様々な人(アーティスト)
の影響を受け、今にいたっている。

ナットキングコール、チャールズブラウン、パーシー
メイフィールド、その他、大勢の大物アーティスト達、、、

彼はこんな事を言っています。

「すべての音楽にはつながりがある」

それは自分の音楽を心と身体で歌い続ける。そうすれば
すべての人々に伝わるのだと、、、

彼の考えは正論である!

人種、年齢、趣味といった壁をこえ、誰もが彼の心の叫びに
共感したと思います。


H01sh0001.jpg
タグ:音楽
posted by MASTER CAY at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

初めての日記

ようやくライムキーの日記を書く事が出来るように
なりました。

が、かなり「サボり癖」があると思いますので
これを愛読される方達は気長に読んでやって
下さい。

宜しくお願い致しますm(_ _)m
posted by MASTER CAY at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。